2022年9月18日日曜日

地域のコミュニティーの大切さ

 

                   町田地区保護司会  安西周三

  平成23311日東日本を襲った大震災後に、東北を中心に仮設住宅に住まれる方々に対して無料税務相談会を開催してきました。岩手県宮古市、大船渡市、野田村、宮城県の多賀城市、福島県、沢山の仮設住宅で相談を受けました。財産も家族も失った方々から震災当時の様子を聞いたり、マスコミでは報道されていない画像を直接見せられたりと、実際の様子を目のあたりにして災害の恐怖を感じました。被災者の方からの相談では、親族が亡くなった際の相続手続きをどうすればいいのか、財産を把握するのにはどうすればいいのか、津波で壊れた家屋や土地をどうするのか、災害の規模の大きさを直に感じ、被災者の抱える諸問題の多さに圧倒されました。

 




講演会の後に継続的に行った被災者との交流会で、住民の皆さんが地域のコミュニケーションに深く関心を持っている印象を受けました。震災時「ご近所さん」からの情報は行政からの指示より早く、安全な場所への移動、支援物資の受け取り等で何より必要だったとのことで、被災者の方々は各家庭に「お声がけ」を積極的に行ったとの報告でした。最近では自治会に参加されない住民もある中で、普段からの地域のコミュニケーションがとても重要であると思われました。災害が発生したときに、直ちに行動できるのは、地域に住まわれているご近所の住民ではないかと思います。行政では対応が遅れてしまいます。対応の遅れが災害を拡大させます。普段から地域の活動を支援しながらコミュニティーの大切を共有する活動の中で、保護司の活動も展開したいと思っています。


2022年8月21日日曜日

笑いで健康づくり

西多摩地区 関谷 忠

「定年後を楽しく」と始めた『みずほ熟年塾』も、今年で15年になりました。その活動のひとつ、料理教室で使う安全な食材を自ら作るため、300坪の農地をお借りしたところから、この会は始まりました。畑に小麦を栽培、それを脱穀し粉に挽いてうどん打ちを楽しむ。時には『ふるさと学習』の名のもとに、近隣の小学生にうどん打ちを教えています。小麦のほかに、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ホウレンソウにノラボウ菜などを栽培しています。農作業は大変ですが、仲間と一緒ですと草取りなどあっという間。休憩時には、昔ばなしに花が咲き、疲れがいっぺんに吹き飛びます。


発足当初からの会員のひとりに、今は他界された当時の西多摩地区保護司会の役員さんがいて、その方に誘われ私は保護司の仲間になったのでした。公立中学校がいろいろと吹き荒れていたあのころ、ともすれば、この学年の子さえ卒業してくれれば、と思った日々。しかし、卒業後には地域の保護司さんにお世話になっていることを知った矢先のことでした。

その後、私たちは『街に笑いを』『笑いは健康の源』と、地元にいながら都内の寄席を味わうことができるように、手作りの地域寄席を発足させました。客席に椅子を並べ舞台に高座を作り、会場の外には『落語会』の幟旗を立てます。年に3回の落語会の出演者は、過去に私の勤務校にお招きした若手真打のみなさんです。こちらも15周年、リピーターの方々が、元気に山の上のホールに来てくださいます。


      

2022年7月17日日曜日

治水事業と地域社会

                     調布・狛江地区保護司会 柿澤正夫

 私の故郷は、木曽三川が伊勢湾に流れ込む三重県桑名市です。木曽川、長良川、揖斐川がほぼ直線的な川筋を作って伊勢湾に流れ込む姿は雄大です。しかし、この3本の川は江戸時代には川筋が入り乱れ、支流、分流が多くあり、そこに輪中(農業や住居となる土地を堤防で囲った地域)と言われる地域が多くありました。輪中地域は,例えば上流地域で堤防を強固にすると大水が出たときに下流地域の輪中の堤防が切れるなど、地域間の対立が絶えませんでした。江戸時の農民はこの時期盛んに訴状や提訴を治水担当の旗本や幕府に提出しており、その文書が何万通と残っており研究者の研究が進んでいます。

 輪中間の対立が解消されたのは、明治に入りオランダから招いた技士の指導で三川が分流され、川筋もできるだけ直線的に改められてからです。しかし、ここでも多くの人々が立ち退きを余儀なくされ、現在の名古屋市の北区と東区を合わせた広さの地域で立ち退きが強制されました。北海道に移住した村もあります。

 昔は各輪中が自らの利害を主張して対立していたのが、大きな犠牲を払ったとはいえ、その対立が消え、輪中に暮らす人々の連帯が生まれ、水害予防組合や消防団等の住民組織で治水が進められています。しかし、ここでもまた地域の高齢化や自分中心の利己的な考え方の蔓延でなり手がだんだん数なくなっています。地域で活躍する保護司と同様の問題にぶつかっているのです。

治水事業の伸展の中で、先人が他の地域と対立してでも守ろうとした地域社会、各地域の連帯によって守り抜こうとした地域社会、そうした歴史の中で、今、高齢化等の問題で連帯感が薄れ水害予防組合や保護司のなり手が少なくなっている地域社会をどのように守り抜くのか、真剣に考え直す時期に来ていると思います。

2021年11月29日月曜日

「正義の見方」

                                                                       府中地区保護司会 矢島 千里

昭和30年代にあって令和3年にないもの。

 私は幼少期を戦後復興期に続く経済成長期の、熱気溢れる時代の中で過ごしました。今思うとその頃、共同体の中には漠然としながらも誰にも共通した「正義のようなもの」があった気がします。

夕暮れ時は家族みんなでテレビを観るのが楽しみだった時代。『鉄腕アトム』や『少年探偵団』を観た後、家族と『7人の孫』を観、祖父と『銭形平次』を観て善悪を刷り込まれました。善を尽くせば悪は滅びる、弱きを助け強きを挫く、という単純ですがブレのないメッセージは幼い心に社会への信頼と安心感を与えていたと思います。番組制作者たちも、戦後日本に突きつけられた問題やアイデンティティーを掘り下げた秀作を世に送り出していました。

 そして令和の時代。「正義の味方」も「明るい未来」もあやしく嘘っぽいものとなり、あやふやな平和の空気にコロナで冷え切ったいま。テレビはバラエティー番組ばかり、映画では悪役が支持され、人は正義感や人情では動かず、商業最優先の社会。コミュニケーションは殆どスマホ。数秒の動画とそれに混じる広告で、騙し、騙されの日常に疲れています。多様性の中で常識の感覚が人によってかなり違ってきている気がします。昭和の「正義のようなもの」は姿を消し、心の拠り所がなかなか見つからないまま、全てを疑わなくてはならない社会の中で自己責任で生きなくてはならない時代。

 若い人や対象者と接する時、特にこの生きた時代の違いを捉えて考えるようにしています。私があなたの立場なら、というスタンスでなく、私があなたの時代に生まれあなたの環境を生きていたら、と想像を巡らせます。少し間違ったら私も、または私の家族もそれと同じ間違いや発言をしてしまったかもしれない、とぐっとリアルに感じます。同時に今まで当たり前と思っていた常識の「見方」も日々アップデートしていくことも大切です。時代の波にのまれないように。

 

 

2021年10月4日月曜日

内側から相手を知る

                      北多摩北地区西東京分区 星出卓也

保護司となって沢山の方から助言やアドバイスを頂いたが、カウンセラーの中村泰章先生から学んだことは計り知れないほど大きく、今も私の保護司としての歩みを支えています。更生保護協会が主催する学習会などで中村先生が伝えたことは、相手を援ける援助とは、援助者が一方的な助言を与えることではなく、本人が自分の意思で立ち直ろうとすることを援けること。人に非行からの立ち直りという行動の転機を与える鍵となるものは、決して親や教師や保護司といった他人からの助言ではなく、本人自身の立ち直ろうとする意思にある、ということでした。そのような相手の心に改善や転機が生まれることを援けるような援助こそが保護司には求められているということでした。

中村先生は「保護司が相手を知る方法は外側からではなく、内側からである」と語っていました。「外側から相手を知る」とは、医師が患者に対するように、本人の問題点を客観的に観察し、いわば診断的に相手を外側から分析して助言を与えるという方法です。しかし人が求めていることは客観的な事例であるかのように観察されることではなく、一人の人間として接してもらうことです。それに対し「内側から相手を知る」ということは、相手の心の動きに沿って相手の気持ちに共感し理解するという方法です。そうした自分の気持ちを理解しようとする人の存在によって、人は始めて自分自身の心を見つめ始めるということでした。

私自身の生涯を振り返っても、親や他人から受けるアドバイスがどれほど正しいものであっても、私が「本当にそうだ」と思わないかぎり私を動かす言葉とはなりえませんでした。しかし自分が色々な挫折を通して「俺は一体何をやっているのだろう・・・」と自分自身が痛感し、受け止めたことは、もはや他人の言葉ではなく自分の言葉でした。そんな自分の気づきを生み出してくれるものは、自分に関心をもって共感する人の存在でした。

今でもついうっかり、余計な助言を人に押し付けては空回りする連続ですが、その度に、本人の意思しか本人を変えられないことを心に刻んで、面接の原点に立ち戻らせていただいています。

コロナ禍の中での面接

            八王子保護司会  山田 雅彦

 令和3年度の各地区保護司会の活動も、昨年度と同様に大きな制限がかかって始まりました。手足をもがれた感じもする諸活動ですが、特に大切な「対象者との面接」も、相手が見えない「電話」で、対象者の心情を推し量るしかありません。しかし、この電話対応だけしていては、用を足すのは問題ありませんが、対象者の心には届かないので(普段の電話での応対でそう感じてはおられませんか?)、実際には対象者になるべく会って面接を実施しています。その顔、声からは、電話に倍する真実と情報が得られます。対象者もそのほうが安心する感じがしてなりません。先日も手術して間もない対象者と面接をしました。対象者個人の生活にも大きな制限がかかっている毎日、その対象者は息せき切ったように話題を「爆発」させました。2週間にあったすべてのこと、そして逮捕された経緯や少年時代からの思い出話、また刑務所の中での経験も話します。中には、今後の面接や再犯防止に使える情報も、たくさんあります。あちらが心を開く、こちらも心を開いて訊く、これは「電話」では不可能と思いました。今後も細心の注意を払いながら、直接面接を行いたいと思っています。

2021年8月30日月曜日

東北紀行8,640㎞

                         町田地区 吉岡 俊幸

あの日あの時、どこで何をしていたのか、保護司の皆さんは鮮明に記憶されていることでしょう。2011311日午後246分。私は東日本大震災以降、東北3県と様々なかかわりを持つようになりました。

発災の年、当時勤務していた小学校から福島県浪江町教育委員会へ教育支援金を送り、教育長の計らいで浪江の子ども達と交流することが出来ました。

大川小学校震災遺構
また、翌年5月には赴任先の小笠原村から東京都教育委員会の震災視察団の一員として、宮城・福島県を訪問し、石巻の日和山から途方もない量の瓦礫の山を目の当たりにし、雄勝地区の大川小を訪れました。あの時の記憶、言葉を失い胸が強く締め付けられるような空気感を忘れることが出来ません。今では管理事務所や駐車場が整備され当時の状況とは大きく異なりますが、妻は「ここに子ども達が居たと思うと、幼い時に目にした原爆ドームのような衝撃を受けた」と語っています。

2014年内地に戻ってからは、5年間中学校で「防災教育の日」に三陸河北新報社の記者や避難所運営に携わった方などを招き、当時の様子や防災教育について講演をお願いしてきました。そして、20194月教職を退き東北三昧の旅が始まります。コロナ禍に翻弄されながらも、現在まで7回の訪問で延べ57日、訪問先は浪江や石巻・気仙沼を中心に、岩手県の陸前高田・釜石鵜住居など10か所以上。

その間、私は主に二つのことに注力してきました。それは復興の現状を自らの目で確かめるとともに、自治体が抱える復興への課題を役場などで話を伺うこと。2点目は雄勝の海で漁業ボランティアを行い、海と共に生きる漁師の生活者目線で震災を考えることです。海では定置網漁やホヤの水揚げ、浜ではワカメの種付け・収穫浜茹で・袋詰めにロープやブイの掃除など漁師の日常を学んできました。

8,640kmの旅を振り返ると、今なお「帰還困難区域」が存在していること、インフラ整備が進む一方で取り残された地域が存在し「復興格差」といった言葉を耳にすること、10年の歳月が経過し「風化への懸念」を募らせる人々や「止まった時間」に苦しむ人々の存在など課題解決の道のりはまだまだ続いています。

最後に、気仙沼の宿で目に留まった提灯を紹介します。津波に飲まれ全壊し、7年越しの再建を果たした旅館です。

2011 鎮魂  寒あれば暖あり  手を携えて 前に進もう 
       今ある生を信じて  生きていこう